浸透圧&逆浸透圧の原理

浸透(Osmosis)という半透過性の幕(Membrance)を境に低濃度の溶媒が高濃度溶液の方に移動する現象を言って、浸透圧(Osmosis Pressure)という2つの溶媒(低濃度と高濃度)間でChemical potentialが等しくなると溶媒の移動が停止される時の水頭差を指す。

逆浸透(Reverse Osmosis)現象とは浸透圧よりEJ大きな圧力を高濃度溶液側に加えると高濃度溶液の溶媒は低濃度溶媒側に移動するのが、これを逆浸透の現象と言っている。

実際の逆浸透圧は浸透圧の約2倍程度で、以下のように計算できる。